B-2 冷え冷え大実験【前半】

このエントリーをはてなブックマークに追加

氷+塩で天然冷凍庫。シャーベットやアイスクリーム作りに挑戦!


ぬるま湯に尿素を入れます。手でさわるとどんな感じ?


尿素の粉が溶けました。さあ、いったい温度は何度になったでしょう?


水に尿ををまぜると温度が下がります。
物の温度を下げるものを「寒剤」といいます。


グラスに水を入れて氷を浮かべました。
氷は水面より少し飛び出しているけれど、この氷が溶けると水はこぼれるかな?


もし氷が溶けて水がこぼれるとすると、海の氷山がとけると、海の水は増えちゃうの??


氷に塩をまぜて、かきまぜよう!さあ、どうなる?


あれれ?どんどん温度が下がっていく・・・
今、マイナス11.4℃!まだまだ下がりそう・・・


氷だけのグラスと、氷+塩のグラスをくらべよう。
氷+塩のグラスと、氷+塩のグラスをくらべてみよう。
「霜」がたくさんついているよ!


霜がたくさんついたグラスの温度をはかろう!
「氷+塩」は「寒剤」の代表。うまくいけばマイナス21℃まで下がります。


冷蔵庫のなかった昔の生活の知恵。氷と塩で冷凍庫を作ろう!


ここのジュースを少し入れます。さあ、どうなるかな?


あれれ?氷の結晶が走ってる!


あっという間にシャーベットのできあがり!「おいしい!」


ジュースのかわりにアイスクリームの素を入れよう。
300年前の方法でアイスクリームを作ったよ!

科学実験教室