C-2 食べ物びっくり実験【前半】

このエントリーをはてなブックマークに追加

生クリームからバターを作ろう!紙なべでゆでたまご作りにも挑戦!!


ビニール袋に生クリームを注いで・・・


荷ひもでしっかりしばりましょう。


強力ゴムをつけて、まりつきのようにたたきます。


名づけて「まりつき方式のバター作り」


水分と油分が分離してきたかな?


しっかり分離したら、まず水分をコップに入れます。これが「バターミルク」


何回か水であらって・・・おいしいバターのできあがり!


お味のほどは?


どう?おいしい?


家でもやってみようかな?


仲の悪い水と油、たんぱく質が間に入って仲良しにしていたけれど、
たたくとたんぱく質がこわれて分離したんだね。


紙なべでお湯を沸かそう!
水の発火点はおよそ300℃。だから中に水が入っていれば燃えません。


中にウズラの卵を入れて・・・


沸騰してきました。もうすぐゆでたまごの完成です。


本当にゆでたまごができたかな?


できたゆでたまごを酢につけよう!
たまごの太ったところが水ぁら浮き出ています。たまごの「気室」があるんだね。


2分ぐらい酢につけたら、ペーパータオルでこすります。


あれれ?模様がはげていく・・・


ていねいにふくと、まるでニワトリのたまごのミニニュア版。


ウズラのたまごのもようあ母ウズラがつけた印刷なんだね。

科学実験教室