F-1 光のふしぎ実験【後半】

このエントリーをはてなブックマークに追加

プリズムを使って虹色の世界を見よう!コップの中の夕焼け作りもお楽しみに


これはプリズムといいます。


ふつうは白く見える蛍光灯の光なども、
プリズムを通してみると、虹のように色が分かれて見えます。


これは「レプリカフィルム」
懐中電灯を当てると、規則的にいろいろな色が見えます。


透明のCD盤にろうそくの炎を近づけてみよう。
虹のようにいろいろな色が、同心円状に見えます。


ビー玉を通して新聞の細かい字をみてみよう。大きく見えるよ!


携帯電話やテレビの画面に、ビー玉をくっつけてみよう。
赤・青・緑の光の三原色が見えます。


発光ダイオードの赤・青・緑を混ぜてみよう。白い光になります。


えんぴつを立てると・・・影が三色に分かれてみえます。


えんぴつを近づけたり話したりして、影の色を観察しよう。


夕焼けを作ってみよう。樹脂ワックスで白くにごらせた水に懐中電灯を当てると・・・
光がオレンジ色になります。


これが夕焼けのときの太陽の原理。赤以外の色が散乱してしまいます。


紫外線を当てて、はがきなどの隠れた暗号を見てみよう!


洗剤を使って、絵や字を書いてみよう。


紫外線を当てると・・・ほら、かいた絵が光っているよ!

科学実験教室